漢方薬

漢方薬に関する記事

サイトメニュー

電子ブック


漢方薬

漢方薬の発展歴史

中国の伝統的漢方薬は中華民族の至宝であり、世界中伝統的医学の重要な一部だと言えます。漢方薬の歴史は五千年前の炎帝神農氏まで遡られます。漢方薬の中には、ほとんどが薬草であり、漢方薬を記載されている書籍には「本草」と名づけられています。現在、最も最初の本草に関する 著作とは「神農本草経」だと考証されています。この「神農本草経」には戦国の時代にたくさんの薬草服用経験をまとめて、秦と漢の時代の医学研究者による写 し取って、不足を補った著作です。南北朝の時代になり、梁代の陶弘景(紀元452~536年)という医学研究者は「名医別録」という著作を書き留めまし た。薬草ごとに、薬草本来の性質や味、治療効果などをまとめた上に、薬草の産地、採集の適応時間および加工の方法なども明確に書き留めました。「神農本草経」の内容はより深く増加されました。漢方薬は唐、宋、元、明、清の時代及び中華民国の時も経て発展されました。

中華人民共和国が成立した 後、漢方薬葉非常に重視されます。相次いでたくさんの漢方薬の発展に利益がある措置を取りました。これにより、漢方薬の教育も、科学研究事業も前例のない ほど発展できました。漢方薬については、中国と海外の交流もますます増やしてきて、特に最近この三十年頃の交流は非常に頻繁だと言えます。上記の事例を通 して、中国の伝統的漢方薬科学は社会主義の中国では前代未聞の発展を達成できました。しかも、中国伝統的な漢方薬事業の輝かしくて洋々たる前途も証明しました。

大人気な漢方薬通販サイトへ





中国漢方薬局の人気漢方薬


日常生活常用漢方薬


漢方薬ランキング

ランキングボトム

漢方薬

漢方薬


バー