漢方薬

漢方薬に関する記事

サイトメニュー

電子ブック


漢方薬

漢方薬の副作用

漢方薬の副作用と言えば、治療効果の以外に起こる作用です。毒性的副作用とは言えません。中国では、一言の熟語があります。それは、薬品であれば、3割の副作用があります。しかし、漢方薬は合理的に厳選な配合と加工処理の過程を通して、副作用を最低限に至ることが達成できます。身体の受ける範囲になっています。
西洋薬では、ほとんどの薬品の説明書には明確的に副作用の提示が書いてあります。漢方薬では、ほとんどはその漢方薬はどんな体質に適用しないと書いてあります。例えば、下剤の漢方薬は衰弱の体質に適用しないです。
漢方薬の使用には、弁証的に合理に使用するなら、副作用の心配はないと言えます。漢方薬の服用方法や服用量や服用の時間、コースが不適切なら、副作用を起こす可能性になります。そして、不適切に漢方薬と西洋薬を併用することによる副作用もあります。我々がよく知っている熟語のように、砒素を合理に使用すれば、病気を治すことができますが、人参を濫用すると、毒になります。合理に漢方薬を使用することは重要だと思われます。



大人気な漢方薬通販サイトへ





中国漢方薬局の人気漢方薬


日常生活常用漢方薬


漢方薬ランキング

ランキングボトム

漢方薬

漢方薬


バー