漢方薬

漢方薬に関する記事

サイトメニュー

電子ブック


漢方薬

漢方薬の1つ葛根湯

葛根湯とは、漢方薬或いは漢方方剤の一種です。出典は「傷寒論」・「金匱要略」となります。葛根湯漢方薬にはダイゼインや桂皮酸、ジンゲロールなどが含まれているのです。葛根湯漢方方剤の主要成分としては、エフェドリンとプソイドエフェドリンとされています。

そして、葛根湯漢方薬の構成生薬について説明します。桂枝湯漢方薬と葛根湯漢方薬は両方とも発汗作用があるが、でもこの2つの作用効果が違います。桂枝湯漢方薬には、発汗作用が弱いなのです。しかし、葛根湯漢方薬の方は強い発汗薬となる麻黄を含めてから、発汗作用も桂枝湯漢方薬より強いです。又は、葛根には鎮痛作用があります。特に首筋の凝りをとる作用があるとされています。なお、虚証、寒証の人は葛根湯漢方薬ではなく桂枝湯の方で選んでください。次には、漢方薬の体表的な鎮痛剤の1つとして芍薬を紹介したいと思います。芍薬漢方薬は消炎・鎮痛また止血など作用がある生薬であり、日本薬局方に収録されています。芍薬漢方薬も生薬として葛根湯漢方薬や当帰芍薬散など多くの漢方方剤に配合されます。

次は葛根湯漢方薬の適応のことが話をしたいと思います。例えば、風邪の初期で寒気があり、肩や首のこり、鼻水などの症状に葛根湯には全部有効になります。また、葛根湯には神経痛や筋肉痛も適応しています。

大人気な漢方薬通販サイトへ





中国漢方薬局の人気漢方薬


日常生活常用漢方薬


漢方薬ランキング

ランキングボトム

漢方薬

漢方薬


バー