漢方薬

漢方薬に関する記事

サイトメニュー

電子ブック


漢方薬

漢方薬と民間薬の違い

漢方薬は伝統中国医学の一種で、日本で独自に発展した漢方医学の理論に基づいて処方される医薬品です。民間薬は医療の専門家ではない庶民の間に伝承されてきた薬のことで、その多くが植物起源の生薬です。簡単に漢方薬と民間薬の違いは二つの定義から分かっています。漢方薬は東洋医学の理論をもとに処方されるのに対し、民間薬は経験的な民間伝承に基づいて用いられるものである点で両者は異なるとされます。

次に、その効果について、民間薬の場合には全般的で漠然と働くものが多いとされるのに対し、漢方薬においては比較的限定的で正確に働くとされます。

漢方薬が甘草湯や独参湯などの一部の処方を除いて複数の薬味によって構成され、東洋医学における証をたてて用いなければならないのに対し、民間薬は、単品で用いられることが多く、一つの症状を目標に用いられることが多いです。ゲンノショウコ、センブリといった、昔から経験的に使われてきた概して1種類の薬草からなるものを民間薬といいます。家庭で治せる範囲のケガや病気に使われてきたものです。

歯痛の特効薬・桂枝五物湯や、痔核に用いる乙字湯などは、証をたてずに対症療法で用いるため、漢方薬と民間薬の中間的な薬に属します。


大人気な漢方薬通販サイトへ





中国漢方薬局の人気漢方薬


日常生活常用漢方薬


漢方薬ランキング

ランキングボトム

漢方薬

漢方薬


バー