漢方薬

漢方薬に関する記事

サイトメニュー

電子ブック


漢方薬

日本漢方薬の発展

日本は一つの伝統漢方薬の消費市場です。1976年から、210種類の漢方調合剤はだんだん日本の国民の健康保険のシステムに組み入れられています。次に日本の薬用植物育成業と漢方の製薬産業は迅速な発展を得て、中国の以外に、天然薬物の調合剤を生産するもう一つの大国になります。現在、日本で使う漢方漢は「チフス論」処方箋の調合剤を主要内容とします。4世紀中葉に、漢方医薬は朝鮮経由で日本に入って来ます。遣唐使の時代になって、中国の医学漢方薬はすでに直接日本に伝送することを始めました。この流派はそれから“古伝処の派”と称させられます。

大人気な漢方薬通販サイトへ





中国漢方薬局の人気漢方薬


日常生活常用漢方薬


漢方薬ランキング

ランキングボトム

漢方薬

漢方薬


バー