漢方薬

漢方薬に関する記事

サイトメニュー

電子ブック


漢方薬

六味地黄丸という漢方薬

六味地黄丸という漢方薬は熟地黄、山薬、山茱萸、沢瀉、茯苓、牡丹皮などの生薬がバランスよく配合された漢方薬です。

「六味地黄丸」はどんな人・どんな症状にいいの?
加齢とともに衰えがちな腎虚、めまい、耳鳴り、足腰の萎え、寝汗、のどの渇き、手足のほてり、尿量の減少、小児の肉体的発達不良などに用いられます。


「六味地黄丸」の効果
疲れやすい、めまい、老化による腰痛、視力の衰え、耳鳴り、ひざや足の萎え、頻尿困難、多尿、寝汗、口の渇き、手足のほてり、糖尿病、精力減退のほか、体質虚弱な児童の補強
などに。


「六味地黄丸」が合わない人
ほてりやのぼせなど、カラダに必要な水分が不足しているタイプには向いていますが、冷えが気になる場合は八味地黄丸や右帰丸のほうがベターです。なお、消化不良や下痢をしやすい場合、処方を加減したり合方するなどすると良いでしょう。

「六味地黄丸」の飲み方などの注意点
■飲む時間
一般的には食事と食事の間の空腹時、食事をする1時間前など、お腹が空で胃に吸収されやすい時期に飲みます。胃腸が荒れやすい人には食後、排便をうながすタイプの漢方には、空腹時の服用を勧める場合もあります。なお、食間に飲み忘れたときは、食後でいいので飲みましょう。

■「水」or「白湯」?
症状によって、冷たい水で飲むほうが効果的な場合(その反対も)もありますが、基本的には生薬を水で煎じた「煎じクスリ」の場合は、人肌に冷まして飲みます。生薬の有効成分を抽出して乾燥・加工した「エキス剤」の場合、お湯に溶かしたり、水と一緒に飲んでください。
 

「六味地黄丸」の副作用
胃腸虚弱、体質や症状に合わない、西洋薬との併用、アレルギー体質などの場合、不快な症状が出ることがあります。ちょっとおかしいな、と思ったらすぐ服用をやめ、漢方の専門家や処方してくれた医師に相談しましょう。

>>もっと六味地黄丸の詳しくはコチラ<<


大人気な漢方薬通販サイトへ





中国漢方薬局の人気漢方薬


日常生活常用漢方薬


漢方薬ランキング

ランキングボトム

漢方薬

漢方薬


バー