漢方薬

漢方薬に関する記事

サイトメニュー

電子ブック


漢方薬

漢方薬と西洋薬の違い

今回では、いくつかの方面から漢方薬と西洋薬の違いを分析いたします。

まず、西洋薬と漢方薬の定義から両方の区別を見ましょう。西洋薬は単一の有効成分で切れ味が鋭く感染症の菌を殺したり、熱や痛みをとる、血圧を下げるなど一つの症状や病気に対して強い効果があります。主な種類は錠剤、カプセル剤、シロップ剤、坐剤など様々な種類があります。一方、漢方薬は多種の生薬を配合して複数の病気や症状に対する治療に有効で、慢性的な病気や全身的な病気の治療など複雑多彩な症状に効果を発揮します。主な種類は煎じ薬、エキス剤、丸剤などがあります。

つぎに、両方効き目の速さと強さから見ましょう。西洋薬は症状をピンポイントに抑えるため、速くて強い効果が現われますが、漢方薬は病気に対する抵抗力を高め、体全体を整えるという働きをするため、効きめはゆっくりでマイルドなものが多くなっています。

また、両方それぞれの症状に対しての違いから見ましょう。西洋医学では、同じ原因や症状をとり除くために同じ薬が処方されますが、漢方では、患者さんの体質やそのときの状態によって、その人に合った漢方薬が処方されます。また、違う病気に対しても、体質や症状が似ていれば、同じ漢方薬が用いられることがあるのです。

いずれにせよ、「心身の変調や病気を本当に治す」ためには、どんなに強力な西洋薬を使っても、最終的に自分で治そうとする力、つまり「自己治癒力」の助けも欠かせません。このように、漢方薬と西洋薬には異なった特徴があるため、どちらかだけを重視するのではなく、互いの長所を生かして、個々のケースに応じて上手に使い分けることも大切です。

 


大人気な漢方薬通販サイトへ





中国漢方薬局の人気漢方薬


日常生活常用漢方薬


漢方薬ランキング

ランキングボトム

漢方薬

漢方薬


バー