漢方薬

漢方薬に関する記事

サイトメニュー

電子ブック


漢方薬

漢方薬とは

漢方薬とは、伝統的な中国医学の一種である漢方医学の理論に基づいて数種類の生薬を組み合わせて処方される薬のことです。

古代中国では、風邪や下痢、痛みなどの急性症状に対し、薬草を煎じて服用していました。これが漢方薬治療の始まりです。現代の漢方薬治療は生薬を煎じて服用することは少なくなり、主にエキス顆粒、丸薬などが用いられています。

漢方薬には「長期間服用することで効果が現れる」というイメージがあります。坐骨神経痛や腰痛、生理不順、更年期障害などでは、長期にわたり服用することで、痛みや体質が徐々に改善されてきます。効果があらわれるまでに最低でも2~3ケ月かかります。しかしこのような遅効性のものばかりではありません。すぐに効果があらわれる速効性のものもあります。速効性の漢方薬では、葛根湯(かっこんとう)が一般的によく知られています。すべての病気ですべての症状に漢方薬を処方するのではなく、その方の体質や症状、病気の種類によって、漢方薬と西洋薬を使いわけます。

一般的に食されている野菜、魚、果物などで、「○○を食べると、じんましんがでる」「胃がもたれる」「下痢をする」といった症状があらわれる人がいますね。同様で、漢方薬の副作用がないと思われていません。しかし、漢方薬は数種類の生薬(自然物)からなるものなので、西洋薬のように薬害としてあらわれる副作用は厳密にはありません。体や体質にあわないこともあります。また、同じ病気でも、病期(症状の時期)により症状がまったく異なるため、漢方薬ではそのときにあらわれている症状と体質にあった処方をします。かぜを例にみても、ひきはじめの「寒気、頭痛、首すじのはり」という症状に対しての処方と、徐々に「発熱、発汗、のどの痛み、鼻みず、倦怠感」というような症状に変化してきた時期、さらに回復期では、処方する風邪漢方薬が異なります。

「漢方薬だから心配ない」と安易に考え、体質を無視し、症状だけで自己判断し服用すると、頭痛、腹痛、倦怠感、食欲がなくなるなどの症状があらわれることがあります。その病気や病期の症状にあった処方でなければ効果がないこともあり、体を温める作用や冷やす作用など、逆の結果を招くこともあります。これは副作用ではなく、誤治(誤った使い方)による反応です。必ず医師、薬剤師に相談し、指示(服用方法)を守ってください。


大人気な漢方薬通販サイトへ





中国漢方薬局の人気漢方薬


日常生活常用漢方薬


漢方薬ランキング

ランキングボトム

漢方薬

漢方薬


バー