漢方薬

漢方薬に関する記事

サイトメニュー

電子ブック


漢方薬

糖尿病と漢方薬

いまや日本で糖尿病を患う人は700万人を超え、病院で治療を受けている患者さんはその半数にのぼります。とりわけ40歳以上の中高年は、およそ5人に1人が糖尿病と診断されるほど増えています。しかも糖尿病は完治し難く、長年にわたる病気へのフォローが必要になります。このような慢性病に漢方薬はとても役立ちます。

人間の命を維持するすべての生命活動の主要なエネルギー源はブドウ糖です。ブドウ糖は血液に溶けた状態で全身にはこばれ、インスリンというホルモンの働きで細胞に取り込まれ消費されています。ところが、何らかの理由でこのインスリンの製造元である膵臓の障害でインスリンが分泌されなくなったり、分泌されてもその働きが低下すると、ブドウ糖が細胞に取り込めず血液中に高濃度で漂う状態になります。これが糖尿病です。

糖尿病の危険を抑えるには、血液中のブドウ糖の濃度をさげる事、つまり血糖値を下げる事が欠かせません。この場合、以下の二通りの糖尿病のタイプによって対処法が違います。

1)膵臓からのインスリンが最初からほとんど分泌されなくなって糖尿病をおこしている場合は、インスリン依存型糖尿病(1型糖尿病)と呼ばれます。主に若いうちに突然発症するタイプで、インスリンを毎日一定量注射する事が基本的な治療法です。多くは食事療法・運動療法では病気の進行を抑えられません。そしてこのタイプは漢方薬も血糖降下の目的では効果が期待できません。

2)一方、過食や肥満が原因で、インスリンは一応分泌されていても、徐々にインスリンの作用が低下して高血糖をおこしているような場合は、インスリン非依存型糖尿病(2型糖尿病)といわれます。糖尿病の大半はこのタイプで、食事療法・運動療法が有効であり、効果が十分でなければその上で薬物療法を併用していきます。このタイプには漢方薬も効果的につかえます。

中国漢方薬局では糖尿病に効く漢方薬がありますね。「愈消散8805」、「消渇丸」という漢方薬は糖尿病に効きますね。この二つ漢方薬ともは血糖値の降下などに治療効果があります。特に「消渇丸」は中国の代表する糖尿病治療漢方薬になります。Ⅱ型糖尿病(インスリン非依存型糖尿病)に適用します。臨床観察により、消渇丸は軽、中型糖尿病患者に症状を改善し、血糖を降下させ、尿糖を減少させる作用があります。効果を現したのは7日前後で、血糖降下最高時間は7日であります。

大人気な漢方薬通販サイトへ





中国漢方薬局の人気漢方薬


日常生活常用漢方薬


漢方薬ランキング

ランキングボトム

漢方薬

漢方薬


バー