漢方薬

漢方薬に関する記事

サイトメニュー

電子ブック


漢方薬

漢方薬の注意事項

漢方薬の服用には注意事項があります。漢方薬を服用する際に必ず注意してください。簡単に漢方薬の注意事項を説明します。

1.漢方薬での治療は弁証法的に服用すべきです。咳をする症状は冷たい痰の咳と温い痰と分けます。冷たい痰の患者は解湿で冷たい痰を取り除ける薬品を選択すべきです。例えば、小青龍口服液などがあります。温い痰の患者は解熱で温い痰を取り除ける薬品を選択すべきです。例えば、蛇胆川貝口服液などがあります。

2.病状の軽重と緩急による適宜な薬品や剤量を選ぶことです。例えば、急症や危篤に陥る期限の場合は即効性があり、作用が強い漢方薬を選べます。
3.漢方薬の構成よ効果に注意すべきです。「大活絡丹」と「小活絡丹」は唯一つの字の差異があり、血行を良くして、ぬれるものを取り除いて経絡を通す作用は両 方でもあります。しかし、「大活絡丹」は卒中を起こして、半身不随、口と目が斜めで、舌語、手足の不具合などの症状に適用します。「小活絡丹」は寒風と寒 気で起こした痹症状に効果があります。例えば、四肢がかじかんで、筋肉の痛み、打撲などの症状に適用します。
4.合理に栄養薬を服用して、栄養薬の濫用を避けるべきです。栄養薬を濫用するなら、頭痛、全身発熱、口に吹き出物が出て、鼻が血が出ることになります。
5.漢方薬と西洋薬の合理に併用することに注意することです。漢方薬と西洋薬を合理に使用すれば、効果を強めて、毒性を減少されることになりますが。不合理的な使用は薬効が強すぎ或は弱すぎになり、有害物質でも起こす可能性があります。例えば、「地高辛」と「六神丸」とは併用するなら、頻繁的な室性の早期収縮を起こすこととなります。
6.正確な使用方法を注意すべきです。薬性や剤量や治療の症状によって、服用方法も違います。食前か食後か、1日には何回を服用すべきかは薬効の発揮に関わります。
7.漢方薬の用量に注意する必要です。漢方薬を服用する場合、説明書やお医者さんの指示を厳守して服用することです。用量の超過や減少は不適宜です。
8.漢方薬には盲目的に服用することはできないです。漢方薬の服用コースに注意しなければならないです。

大人気な漢方薬通販サイトへ





中国漢方薬局の人気漢方薬


日常生活常用漢方薬


漢方薬ランキング

ランキングボトム

漢方薬

漢方薬


バー