漢方薬

漢方薬に関する記事

サイトメニュー

電子ブック


漢方薬

胃腸障害に良い漢方薬

日本の夏は地理的に欧米などの諸外国とくらべ、やたらと蒸し暑いのが特徴ですね。漢方医学からの分析:「水毒」とか「痰飲」(たんいん)の証といわれる状態になりやすいのは、日本人の体質特徴です。

胃が重い、もたれる、胃の膨満感、食欲低下、お腹がゴロゴロ鳴る、消化吸収がわるく下痢や腹痛をおこしやすいなど、胃腸が弱った症状、漢方でいう「脾虚」の状態になりやすいのです。

夏の胃腸障害によい漢方薬をあげてみましょう。

三九胃泰という漢方薬は中国において最も有名な慢性胃炎治療漢方薬です。三九胃泰は各類慢性胃炎に効果が著しい胃腸病の漢方薬です。美味しいものを食べたければ、いっぱい食べてください。漢方薬局購入サイトでは三九胃泰があなたの胃腸の安泰を保証しますから。

胃の粘膜を保護し、胃炎に伴う痛み、炎症または内部出血を抑えます。胃腸の調子を健康な状態に回復させ、人間の自然な新陳代謝を促し、体力の回復を助けると共に、病気から守る抵抗力を高めます。

漢方では胃腸の状態をとても重視します。というのも、不調に悩んでいる人の多くは胃腸が弱かったり、胃腸に問題を抱えていたりすることが多いためです。たとえばアレルギー症状では、基本的には症状に対する漢方薬を用いますが、そのほかに胃腸を丈夫にする漢方薬を併用すると、治りが早くなったり、症状に改善が見られたりすることがあります。

ほかに、夏場はとくに胃腸に負担がかかりますので、もともと胃腸虚弱な人ではとくにビール、清涼飲料水、冷やした食物などの摂りすぎは脾虚、痰飲を助長しますので注意しましょう。夏でも水分補給には熱いお茶も愛用されるとよいのですが。また、きゅうり、トマト、なす、などの夏野菜には利尿効果もあるとされ、適宜召し上がってください。

さて、今や、エアコンによる適度な冷房は日本の夏には不可欠ですが、冷やしすぎない注意は必要です。とくに腰や足元からの冷えはお腹を冷やします。


大人気な漢方薬通販サイトへ





中国漢方薬局の人気漢方薬


日常生活常用漢方薬


漢方薬ランキング

ランキングボトム

漢方薬

漢方薬


バー